2013年01月26日

さよなら、ゆうメンタルクリニック

最初にメンタルクリニックに通い始めたのはいつだったのか。。
遡ってみたらもう2年くらい前になるんですね。

最初は良くわからなくって、取っつきやすかったというのがきっかけだったんじゃ
なかったか…

で、医師の対応にむかつきつつ、よくわからないまま処方された
薬を飲んでいたんですが、去年の夏位から行くのを止めてました。

理由は単純で、時間守らないから。
自分が予約時間にいってもかなり待たされる。で、待たされてる間に
後から来た患者がさくさくと診察を受け、カウンセリングも受けている。

こんな事が何度もあった。
で、自分の診察は30秒くらいだ。

医師)どうですか?→自分)はぁ、いいんじゃないかと思いますけど…
医師)じゃ、次も同じ薬だしときますから。次はいつにします?→自分)( ̄  ̄;)

ねえ、ゆうメンタルクリニックさん。
なんで自分だけ放置されたんでしょうね?


で、今日新しい病院にいってみた。
まだ初診だから名前は出さないけれど、かなりいいんじゃないだろうか。

問診表から状態を探り、その内容をわかりやすく説明、状態に合わせた
薬の処方と、今後の対策の説明。ただなんもせず「どうしたの?」としか
聞かず、適当な処方しかしない病院とはかなり違った。

ああ、この医者さんにお願いしてみよう、と思えた。
薬も前の病院とは違う処方になりました。

これで自分も早く楽になれそうな気がします。
posted by ちくわ at 19:30| メンタルクリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

ゆうメンタルクリニック

症状が出はじめた(おかしいなと思った)のは、約1年半くらい前だと思います。
(それ以前からじわじわ来ていたのかもしれませんが、自覚して
いなかったのかも)

その時に、どういう風だったかというと、なぜか急にいろいろな事が
不安になっていました。

初期、どういう事が不安だったかというと…
・将来の事(人生このままでいいんだろうか…)
・今の仕事の事(この仕事、いつまでできるんだろう?)
・今、自分は会社のみんなに嫌われているんじゃないだろうか?
・なんでみんな自分を仲間はずれにするんだろう…?
という事を思っていたと思います。

この時期から、なるべく身近にある仕事に没頭するよう、
なるべく嫌われたり為に口数を減らしてみたりしていたと思います。
口を閉じて黙っていれば、余計な事を言って相手にいやな思いを
させなくて済みますしね。

でも、それが更に進んでしまって、無駄話を全くしない状態と
なってしまいました。

僕の場合には…
もう黙っているのが心地よく、さらに話しかけられるのも面倒っていう
感じです。

無駄話って、ある程度は必要なんですよね。円滑なコミュニケーションを
取るために一番簡単で効果のある方法とも言われていますが・・・
それを(もしかしたら自分から率先して)拒否っていました。

(もしかしたら、というのは、今でも本当に自分が拒否ったのか、本当に
嫌われているのか実は今でもわからなくって。。)

それと、毎朝会社に行く事を考えると、「いやだなぁ…休みたいなぁ」という
ネガティブな気持ちにしかなりません。(これは今でもありますが)


そして最近。
いきなり不安感がかなり募り、パニックみたいな気持になってしまったのが
今回メンタルクリニックに通う事になったきっかけです。
誰が何をしたってわけではないのですが…

自分だけが仲間外れにされたまま。会社には必要ないと思われているんじゃ
ないだろうか。明日会社を首になったらどうしよう。どこか働けるところとか
生活ができないとどうしようもない。怖い。消えてしまいたい。ここに
いるのがつらい。もしずっとこのままならいっそ殺してほしい。自分が邪魔?
であれば誰か背中を押してくれれば…

こんな呪いの呪文のような気持ちでいっぱいになり、会社を飛び出てしまったし
その後も死んでしまったほうが楽ではないのか?などとも考えていたのです。

翌日にはだいぶおさまりましたが、このままでは頭がおかしくなりそうで
どうすればいいのかまったくわかりませんでした。

その時、たまたまブックマークしていたゆうメンタルクリニックの
漫画ページを開いたのが、メンタルに通うきっかけになりました。

posted by ちくわ at 16:58| メンタルクリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。