2014年04月15日

うつ病の症状と涙

うつ病と診断され、もう仕事を休みなさい!と先生に
怒られ、傷病手当金を受けながらの生活が1年たちました。

昨年の4/4に会社にその旨伝え、書面等の手続きを行ってから
今日で1年目…新橋の駅で、うずくまった事を覚えています。

手続きを終えて、ああ、これでお役目終了だなあ…と。
自分が担当していた仕事は誰が継ぐんだろう?、どうなっていくんだろう?と
思うと心苦しく思った記憶があります。

で、退職手続き自体は淡々たるもので、こちらも実は粛々たる態度では
ありませんでした。

ハンコ押してほい、さいなら、って感じで、ラーメン食べて帰ってきたって
感じで。

で、その時、お酒を結構飲んだんですよね。
黒霧島とかの焼酎とかだったと思う。

以前から、なんか辛い事とか、重い事を考える時とか、ショックを受けた時とかには
深酒する癖がありました。

深酒のいいところって、泣く事ができるんです。

自分の心の中とか、悲劇の主人公になってみたりして家で一人こっそり泣いて
涙を流すのがストレスの解消方法だったな。。

と、こういう事がうつ病の症状だとは思っていませんが…
以前からこんなストレス解消方法をしていたってことは、けっこう心に
負担をかけていたんじゃないかな…と自分で自分を解析してみたりしてます。

ちなみに、半年以上同じ病院で、同じ症状で通院していると
「自立支援医療受給者証」の発行資格が得られます。

これは医療費が通常は3割なのですが、申請が通れば1割になるという制度です。

担当医の診断書等が必要ですが、あるととても生活が楽になります。


早く治して就職先も探して、国に恩返ししなければ…と思う今日この頃です。


ちなみに、配布される薬に変化が。
若干減りました。

が。正直何もできません…体が動かないんです。
今日ブログ書こうかな、って思ったのも、ほんの束の間、元気が出たからであって…

それを先生に伝えたところ、むしろそれでよい、との回答でした。

体調が悪いんだからむしろなにもしないぞ、と考えて、まずは寝る、休むが最優先。
そのうち気分が楽になっていくから、そしたらまたゆっくりと次の事を考えて
行きましょう、との事でした。

ん〜。。
自分からすると、うたたね状態が続いて、よく夢を見ることになったのが
気になるところです。

それも、二度寝、三度寝もしてしまうし、その夢に継続性(テレビドラマみたいに)が
あるのが変な感じ。

一日誰とも話さないのが当たり前になってきた今日です。

ではでは。。
タグ: 症状 うつ病
posted by ちくわ at 22:55| うつ病 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。